甲斐犬の歴史「ブチ毛」

日本古来からある犬の1品種で、縄文からいるとされている。

日本の在来犬。山梨県原産で、毛色が虎毛(とらげ)であることが大きな特徴であり、毛色により黒虎毛、中虎毛、赤虎毛に分けられる。古来山岳地方で獣猟犬として用いられ、動作は敏捷(びんしょう)、感覚も鋭敏である。

体形は他の日本犬に類似するが、鹿犬(しかいぬ)型、猪犬(ししいぬ)型の2タイプがある。

立ち耳で、尾は差し尾か巻き尾。体高は約40~53センチメートル。柴犬(しばいぬ)よりやや大きく、中型犬としてはやや小さい。

1934年(昭和9)に国の天然記念物に指定され保存が図られた。指定される前までは山梨県の人々は番犬、猟犬等として常に家族の一員として愛されていた。指定される前までは、その当時の呼び名は「ブチ毛」「虎毛犬」とも言われていた。

甲斐犬の形態的特徴

甲斐犬(かいけん)は、山梨県原産の犬。

日本犬種の1つで、昭和4年に当時甲府地方検察庁に赴任した安達太助が発見し、昭和6年に「甲斐日本犬愛護会」を創立、昭和7年日本犬保存会の初代会長斎藤弘吉、獣医の小林承吉等が中巨摩群芦安村、奈良田村に生息していた、立ち耳犬を調査し、発見した地方に因んで「甲斐犬」と命名、保存活動を開始した。 日本犬の名は「◯◯犬(いぬ)」という呼称になるが、甲斐犬の場合は「◯◯犬(いぬ)」と呼ぶと「飼い犬(かいいぬ)」と誤解される可能性がある為、例外的に「甲斐犬(かいけん)」と命名される事となった。

毛色は黒虎毛と中虎毛と赤虎毛とに分かれる。年齢を重ねるに従って虎毛がはっきりしてくることもある。虎毛は山野で狩りをするときの保護色となる。

虎毛部分の色がビール瓶を太陽に透かした様な美しい赤い色素を持つ個体を赤虎毛とするが、赤の色素の無い褐色の縞の黒虎毛も勇壮な虎模様を特徴とするため、「虎毛犬(とらげいぬ)」の別名をもつ。

※昨今黒一色で虎模様の無い甲斐犬が多数存在し、近親交配の弊害が心配されている。 ※中虎毛を、赤虎毛とも黒虎毛とも呼べない虎柄として低く評価するのは間違いで、赤も、黒もいずれも綺麗で艶のある個体が中虎毛で、色の抜けたハイエナの様な色合いの個体は中虎毛とは呼べない。

体高は、オスは47~53cm、メスは42~48cmで、日本犬種のなかでは中型犬に分類される。

また、体型より、「鹿犬型」(鹿型犬)と「猪犬型」(猪型犬)のタイプがあったが、現存する甲斐犬は、「鹿犬型」(鹿型犬)であり、猪の他、カモシカも追っていたとされ、細身で体が長めで、岩場に適応して垂直に飛び上がる力に優れている。

北海道犬や琉球犬、中国のチャウチャウなどと同様、舌斑を持つ等、弥生時代以前からの特徴を有している。太く長い毛と、細くてやわらかい短毛が密集している。尾は差し尾、または巻尾。

甲斐犬の評価ポイントは、三角形の肉厚な耳の角度、三角目の形、尾っぽの巻き方、足の開き方のバランス、飛節の角度などがある。